計測器の設置方法

イメージ:設置方法

水分、酸素濃度計測は他の計測に比べ難しいといわれています。
精度の高い水分計測を行うためには、適切な配管材質・機器の選定が必要となります。また、測定気体中の汚れの程度と種類、気体の流量、圧力その他の要因に左右されるため、適切なサンプリングラインの選定が不可欠です。また、露点計、モニターの設置場所及びその方法は各ユーザー様で異なります。設置スペースに限界がある場合や、工場指定の設置要領に対応する必要がある場合、複数の場所で使用したいといった要望まで様々です。
弊社では、長年の経験を活かして、設置の際には様々なご提案をすることが可能です。
お客様の測定したいガス、その圧力や露点の程度、機器周辺の雰囲気などをお伺いして気体中の水分、酸素管理に関しお客様に最適なソリューションを提供いたします。

設置の種類について詳しくはこちら