TEKHNEPort-OIL

オイル中水分測定用ハンディーユニット

写真:TEKHNEPort-OIL
特徴
    水分活性値(aw)、油温(℃)、水分量(ppm)表示
  • TFTタッチスクリーン
  • 10種類のオイルパラメーター設定可能
  • データロギング機能(約200万点)
  • 簡易校正キットによる1点または2点校正(オプション)
主な用途
  • 潤滑油、作動油の水分管理
  • 絶縁油の水分管理
  • 防錆油の水分管理
  • 焼入油の水分管理
  • 船舶のエンジンオイルの水分管理

POINT

多機能・ハンディタイプ
TEKHNEport-Oilは、水分活性値(aw)と油温(℃)の計測を行い、水分量(ppm)への算出が可能です。
換算に必要なオイル種類ごとのパラメーターを10種類の本体に保存しておけるので、複種類のオイルの管理も1台で可能です。
これらのパラメーターを使い、より精度の高いオイル中水分量の計測が出来ます。
タッチスクリーン・データロギング機能
タッチスクリーンとデータロギング機能が搭載されており、簡単且つ安定した計測が出来ます。測定値を最大2単位表示す
ることができ、測定値のグラフの他、最大/最小/平均/偏差を表示することができます。内部メモリにデータを最大200万点保存することができ、それらのデータは専用のソフトウェアを用いることでパソコンに出力するこができ、csvファイルまたはEXCELファイルに変換することができます。