1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 露点計・水分計
  4. 鏡面冷却式露点計(ミラー式露点計)
  5. SMART DEW露点計

鏡面冷却式 SMART DEW 露点計

主な特徴

  • 露点・霜点精度±0.3℃
  • 露点・霜点自動検知機能
  • 露点測定範囲-20℃~+60℃
  • 露点(℃dp)、相対湿度(%)等表示切替可
  • 露点、温度同時表示可
  • 自動クリーニング機能

主な用途

  • 燃焼炉内露点管理
  • クリーンルーム内露点管理
  • エンジンテスト他試験槽内露点管理
  • 結露防止用途
  • 基準器として
  • 湿度計校正器として

高精度の露点計測

SMART DEW露点計(鏡面冷却式)は、気体中の水分を精度良く測定する為に開発されました。最新鋭の測定原理、放熱機能を有するセンサー部、マイクロプロセッサー技術を搭載した表示部をセットでご使用頂く事により、露点-20℃~+60℃の測定範囲内を±0.3℃の高精度で連続露点測定が可能となりました。また、付属のPT100白金測温抵抗体と併せ、相対湿度等さまざまな表示を行なうことが可能です。

多彩な表示機能

SMART DEW露点計は、露点センサーと共にPT100白金測温抵抗体が付属されていますので、複数の表示単位からユーザー様の用途に合わせてご選択することができ、また変更も容易にすることができます。
表示単位は一般的に使用される露点(℃dp)、霜点(Fdp)に加え、絶対湿度(g/m3)、相対湿度(%RH, aw)、温度(℃、F) 、温度と露点の差(T - T dp)をご選択できます。
表示器にはメイン表示及びサブ表示があり、メイン表示部で水分値に関する表示である℃dp, Fdp, g/m3, %RH, awのいずれかを表示させ、サブ表示部で温度及び差に関する℃, F, T - T dpのいずれかを表示させることが可能です。

簡易操作

各種設定に就きましては、ユーザー様の使い易さを考慮し、最小限必要な機能のみを揃えました。SMART DEW露点計表示部にあるEsc、UP、DOWN、ENTERの4つのボタンで全ての設定を行う事が出来ます。これには、自動クリーニング間隔設定、単位選択、出力選択(0-20 mAまたは4-20 mA)、C接点2点の設定が含まれます。

SMART-ICE機能

SMART DEW露点計の重要な特徴の一つがSMART-ICE機能です。気体中の水分分子は、温度が露点値よりも低い物質に対し結露し、水が付着します。しかしながら、霜点以下の温度においては気体中の水分分子は、昇華により氷として付着する場合があります。一般的にこの昇華現象は水の霜点である0℃ではなく、-20℃以下で発生する場合が多いものの、時に-40℃でも液体の水がミラーに付着する場合もあれば、氷が付着する場合もあります。問題点は水が付着しているのか、氷が付着しているのかを予測できない点にあります。これまでのミラー式露点計では、露点値0℃~-40℃において、水と氷の判別が付かず、測定誤差が生じていました。
SMART DEW露点計ではこの問題を解決しました。光源からミラーに照射され反射する光を検知すると共に、氷が付着した場合には氷により反射される光をもう一つの検知部で検知する事により、氷が付着しているのか、水なのかをはっきりと判断する事が出来ます。

ミラー図

自動クリーニング機能

SMART DEW露点計は、ミラーのクリーニングを自動で行います。ユーザー様はクリーニング間隔を表示部から設定することが出来ます。
クリーニングモードに入ると、ミラーを70℃まで暖める事により、水分と共にミラーに付着した異物を除去します。最後に自動的に通常運転に戻ります。


お問合せ