FAQ

  1. ホーム
  2. FAQ
  3. FAQ

FAQ

Q1

露点とは?

A

露点とは(露点温度とも言います)、ある気体の温度が変化した場合に、結露を起こす温度のことです。例えば、お客様の目の前の空気を冷やした時、10℃で結露が起きたとします。その場合、「露点温度10℃の空気」という言い方をします。空調や、気象観測の分野ではこの程度ですが、工業や半導体等の分野では「露点温度-80℃の窒素、もしくはエアー」等の場合もあります。その場合、-80℃まで温度を下げた場合に結露が起きる、そのぐらい水分量の少ない窒素、もしくはエアーである、ということになります。
また、逆に水分が多い場合、「露点温度+90℃」といった場合もあり、燃料電池や、環境試験、恒温槽等で用いられます。

同じ、気体中の水分量を表す単位としては相対湿度(天気予報などで用いられる単位です)を目にすることが多いと思いますが、「相対」と言うだけあって、温度に影響を受ける、「割合」を表す単位です。対して露点は温度に影響を受けない、「絶対水分量」を表す単位です。

露点測定のためには、最適な機器、サンプリングが必要です。どんな気体を測りたいのか、不純物の有無、露点の範囲、必要な精度等を御伺いしたうえで、静電容量式露点計や、鏡面冷却式露点計、五酸化リン式露点計等最適なご提案をさせていただきます。